敏感肌のクレンジング

毎日メイクを落とすとき、カサカサしたり、お化粧を落とすクレンジング剤が刺激になったりして困ることはありませんか。
そんな敏感肌の人はその方法をもう一度見直してみましょう。
まず、敏感肌のためのクレンジングはこすらないことが鉄則です。
摩擦は肌への刺激になってしまい、肌荒れや乾燥の原因になってしまいます。
ポイントメイクなどもこすらずに、コットンにクレンジング剤を含ませ、メイクとなじませてから、そっと拭うように落としましょう。
洗い流す際には、熱すぎないぬるま湯ですすぎ残しの無いように優しく洗い流します。
熱いお湯は、必要な皮脂まで落としてしまい、肌のバリア機能が低下する原因になってしまいますので気を付けましょう。
とにかく、刺激を与えないように洗うことがポイントです。

これまで、しっかり落とすクレンジングと言えばオイルタイプが主流でした。
しかし、このタイプはしっかりと落ちる分、必要な皮脂までも落としてしまい、敏感肌の人には刺激が強すぎました。
そこで、最近ではミルククレンジングが注目されています。
こちらは、水分量が多く肌へのせたときにすべりが良いので肌への摩擦が少なく、洗った後も潤いは残してくれるので、敏感肌にはピッタリなのです。
また、薄いメイク程度なら固形石鹸も皮脂を落としすぎず刺激が少ないということでよいと言われています。
また、ダブル洗顔の必要がないため、肌をこする回数を減らすことができるので肌への負担を最小限に抑えられます。
このように、敏感肌の人はクレンジング用品も見直してみるとよいでしょう。