敏感肌のメカニズム

一日の終わりにメイク汚れをしっかりと落とすことは、スキンケアの基本です。
クレンジングをしないまま就寝してしまうと、ファンデーションの汚れが毛穴に溜まったままになります。
そうすると毛穴が広がったり肌荒れを起こしたりといったトラブルに繋がることもあります。
クレンジングは肌に一番負担がかかる行為です。
従ってごしごしと肌をこすらなくてもしっかり汚れを落としてくれるクレンジング剤を使う事が理想的です。
肌のタイプに合った物を使うことも大切です。
シートタイプのクレンジングは手軽で便利ですが、ふき取ることで肌をこすることになります。
肌をこすることは刺激に繋がるので、乾燥肌の人や敏感肌の人は避けた方が無難です。

敏感肌の人は普通肌の人よりも皮脂分泌が少なく、肌が乾燥している傾向があります。
肌が乾燥していることで、化粧品類に含まれる成分が刺激になり、赤みや痒みなどのアレルギーを引き起こすことがあります。
水溶性のクレンジングジェルや、クレンジングミルクやクリームなどが肌に優しくメイク汚れを落とせるので敏感肌に向いています。
軽いメイクの場合は石鹸だけで洗顔するなど、なるべく肌に負担をかけないスキンケアを心がけることです。
固形石鹸は界面活性剤が含まれていないので敏感肌向けです。
肌に必要な皮脂を残しつつ、汚れを落とすことができます。
洗顔のあとは化粧水でしっかり潤いを与えて乳液で蓋をすると肌のコンディションが整います。